バンコク初!アスコットが運営するサービスアパートメントが遂に解禁!

2016/11/10

株式会社デュアルタップの子会社である「株式会社Dualtap Internatonal」が株式会社オウチーノ主催のタイ不動産セミナーにて講演を行います。

オウチーノ主催タイ不動産セミナー
講演概要
「キャピタランド・グループのアスコット(The Ascott Limited) が運営するサービスアパートメントが遂に解禁!!」

バンコクで初となるラグシュアリーコンドミニアムとサービスアパートメントが一体となったプロジェクト、The Park at EM District managed by The Ascott Limited(ザ・パーク EMディストリクト マネッジドバイ アスコット リミテッド)が遂に解禁。オペレーターとして、世界のサービスアパートメントを手掛けるアスコット社(The Ascott Limited)が管理・運営を担当。

世界同時発売し、国内では当社独占販売となります。

開発エリアは、日本人が多く住むプロンポン駅より徒歩 10 分。我々日本人にとってはとても住みやすいエリアです。
29 階建、245 戸からなる Park24 のタワー4 を一棟分をアスコット社が借上げ、サービスアパートメントとして運用します。
永久所有権にて所有でき、バンコクとしては初めて購入できるサービスアパートメントとなります。

詳細はこちら

開催日程・会場
日程 2016 年 11 月 19 日(土)10:30-12:30
会場 コモディオ汐留 8F オウチーノ汐留オフィス
参加方法
株式会社オウチーノのWebサイト(https://www.o-uccino.jp/global/seminar/7056/)にてお申込みを受け付けております。

<本件に関するお問い合わせ先> デュアルタップ IR担当 TEL.03-5795-2323

講演者

犬塚伸彦

株式会社デュアルタップインターナショナル
宅地建物取引士 犬塚 伸彦

19歳から世界46ヶ国をバックパッカーで放浪する中、アジアの将来の可能性を肌で感じ衝撃を受ける。 特にタイに精通した情報を持っており、現地でしか分からない生の情報にこだわり、 独自の視点からの講義が定評を呼んでいる。 帰国後、某外資系リートで投資運用業を経て、賃貸売買業務など幅広く業務を経験し、 株式会社 デュアルタップインターナショナル に入社、現在に至る。

スポンサーサイト

社印研修に伴う休業

2016/11/02

株式会社デュアルタップでは、社員研修に伴い、以下の日程にて、各部門。休業させて頂きます。

社員研修期間

営業部門
平成28年10月31日(月)~平成28年11月4日(金)
管理部門
平成28年11月15日(火)~平成28年11月19日(土)

各部門、休業期間中でも、HP上のお問い合わせフォーム、FAX、メールなどのお問い合わせは受け付けております。
なお、上記の期間中に承りましたお問い合わせについては、各部門、平常営業日の10時よりご回答させていただきます。

デュアルタップチャンネル

2016/09/23

株式会社デュアルタップ デュアルタップは、東京都港区に本社を構える不動産会社であり、 弊社開発物件の企画から管理まで、全ての不動産事業に取り組んでいます。

株式会社デュアルタップのYouTubeサイト

株式会社デュアルタップの事業内容

2016/06/17

株式会社デュアルタップは、東京都心部及びその周辺において不動産販売事業を中心として事業展開しています。

不動産販売事業

株式会社デュアルタップは、東京都心部及び園周辺を中心に資産運用を目的とした自社ブランドマンションである「XEBEC」シリーズの企画開発を行っており、国内外の個人を主要顧客として販売活動を行っています。

販売物件の大半は、自社ブランドマンションとなりあmすが、他社ブランドマンションについても取り扱いを行っています。

XEBEC(ジーベック)シリーズ

自社ブランドである「XEBEC」シリーズは、不動産開発のおいて長年の実績を持つスタッフが、時代のニーズに合ったワンルーム型マンションの開発を行っています。

提供するワンルーム型マンションの多くが投資用として賃貸に供されるため、利便性を最も重視し、最寄りの駅から10分以内を基本とした土地選定を行い、デザイン性や機能性が求められる時代ということもあり、入居者のニーズにあった開発と物件品質を意識した開発を行っています。

株式会社デュアルタップの主力商材は、ワンルーム型マンションとなっていますが、その定義は概ね専有面積40平方メートル未満の間取り1Kタイプの住宅をワンルーム型マンション、専有面積40平方メートル以上の住宅をファミリー型マンションと位置付けています。

不動産賃貸管理・仲介事業

株式会社デュアルタップの当該事業部門

  1. 自社販売物件を中心にマンションのオーナーより一括賃借を行い、オーナーに対し賃料収入を保証するとともに、一定の利潤を加算した家賃により、一般に賃貸(転貸)するサプリース業務
  2. 集金代行など家賃に関する業務の代行、入居・退去に関する契約管理業務の代行などの満床ん管理業務受託業務
  3. 株式会社デュアルタップ所有不動産の賃貸事業

また、株式会社デュアルタップの小会社である株式会社デュアルタッププロパティマネージメントは、都内において不動産仲介を主業とする店舗「D-style Plus」を運営し、自社ブランドである「XEBEC」シリーズの賃貸住宅を始め、事務所、店舗等の商業施設などの不動産梅雨界業務を行っています。

海外不動産事業

ビジネスのグローバリゼーションが進行する中、企業経営においては、海外諸国との取引拡大や現地での拠点設立が事業拡大を目指すうえでの重要な要素だと位置つけています。

デュアルタップグループでは、いち早く海外不動産投資ビジネスに目を向け、国内外の顧客が安心して投資できる環境づくりを目指しています。

デュアルタップグループでは、シンガポールやマレーシアなどの東南アジア諸国に対する注目度が高いことを背景に、子会社である株式会社デュアルタップインターナショナルが当該地域を拠点として、国内外の投資家に向けた事業活動を行っています。

国内においては、海外不動産に関するセミナー等のイベントを開催し、国内投資家へ海外の投資用の不動産を紹介する事業を行う一方、当該諸国においては、日本国内不動産の投資に関するセミナー等のイベントを企画し、海外投資家へ日本国内の投資用不動産を紹介する事業を行っています。

また、企業の海外進出を支援する事業として、当該諸国でのビジネスに必要な法令、インフラ及び金融事情などの各種情報提供によるサポート業務を行っています。

株式会社デュアルタップ×下町ボブスレー

2016/06/15
デュアルタップx下町ボブスレー

株式会社デュアルタップは、下町ボブスレーの挑戦を応援しています。

下町ボブスレープロジェクト

下町ボブスレープロジェクトは、大田区の町工場が集まり、これまで外国製のそりを使っていた日本のボブスレーチームのために、「メイドインジャパン」のそりを作り上げオリンピックに挑むというプロジェクトです。

4000もの町工場がひしめく日本製造業の一大拠点大田区で、高品質な日本のモノづくりを支えてきた職人の技をネットワークし世界に挑みます。

欧米では人気のあるボブスレー。
世界の代表は、イタリアであればフェラーリ、ドイツであればBMWとその国の有名企業がソリの開発を行っています。
しかし、日本のボブスレーチームは、強豪国の既成品であったり、中古のソリを調達しながら協議に挑んでいるという状況です。

ときには、現地のレンタルソリによってレースに参加するなんてこともあります。

本気で挑戦する!

株式会社デュアルタップは、創業から現在に至るまで、順調に増収増益を続け、 海外展開など事業拡大を行っています。
しかし、デュアルタップはそこに留まることなく、さらなる夢に向かって挑見続けています。

株式会社デュアルタップは、自分の夢に本気で挑戦する人たちが集まる会社であり続けたいと思っています。